Q  「印鑑が至急必要になりました。 納期と金額をおしえて下さい。」

A  ご来店いただく事が可能でしたら最優先でさせていただきます。 納期にについては3日程度、柘小判で2200円(税込)になります。


Q  「実印とはどういった印鑑ですか?」

A  ご自身の住民表がある市区町村役場に印鑑登録した印章(はんこ)の事をいいます。


Q 「銀行印とはどういうはんこですか?」

A 金融機関(銀行・郵便局)に口座を開設するために届出した印章(はんこ)をいいます。


Q 「認印ってなんですか?」

A 一番用途が広い印鑑です。宅配便などではポンポン捺せるネーム印でも良いですが、公的な契約書には朱肉で捺印する事になります。


Q 「会社を設立するにあたって、どういった印鑑が必要ですか?」

A 法務局に登録する実印、銀行に口座を開設する銀行印、認印(角印)、ゴム印(代表社印)が必要になるはずです。


Q 「ゴム印の納期と金額を教えてください。」

A お手数で申し訳ございませんが、FAX076-298-0057 いただければ金額と納期をお伝えさせていただきます。


Q 「私の名前はシャチハタネームにはありません。 作るとしたら納期と金額を教えて下さい。」

A シャチハタのメーカーに固執なさるのであれば、約10日程ですが、ブラザーの商品でしたら3日程度でお渡しできると思います。


Q 「ワクが、かけてしまったハンコがあるのですが、彫り直す事はできますか?」

A お持ちの印材が象牙でしたら、新しく作るより彫り直した方が安くできます。


Q  「ハンコのワクが欠けてしまったのですが、作り変えた方がよいでか?」

A  銀行印であれば金融機関の方に、実印であれば役場の方に確認されてはいかがですか。


Q  「1級技能士のはんこ屋さんは どう見分ければよいのですか?」

A  店頭に技能士のマークや 店内には表彰状(資格証)が飾ってあると思いますよ。


Q  「なぜ 無資格者の方がロボットで彫る印鑑が危険なのですか?」

A  市販のハンコのような同一印鑑(大量生産式)のハンコになるからです。


Q 「短時間で彫っている店がありますが、ハンコはそんなに早くできるのですか?

A  無資格者によるレーザーロボットによる大量生産式の仕事がほとんどでしょう。


Q  「ハンコはタテ・ヨコに文字が彫られていますが、何か意味があるのですか?」

A  お客様の好みです。印鑑の用途にもよりますので、 御相談されてはいかがですか。


Q  「はんこのワクが欠けたのですが、削って彫り直すことは出来ますか?」

A  象牙、黒水牛、牛角、木でしたらできます。 ただし、印材によっては新規にご注文されても価格があまり変わらない場合があります。


Q  「ハンコの文字は読み難いですが、デザイン文字なのですか?」

A  実印や銀行印はお札に印刷されている篆書体を用いるのが一般的です。


Q  「実印は家族で兼用できるのですか?」

A  家族であっても 兼用はできません。 一人が 一個必要になります。


Q  「印鑑登録は代理人でもできるのですか?」

A  委任状をそえて代理人での手続きもできるはずです。